in カードローン

銀行にお金を借りる方法は?手続きについて

銀行にお金を借りる方法は、まず銀行へ申し込みをする必要があります。
窓口へローンの相談をしたいと来店してもいいですし、日中忙しくて銀行へ行けないという方はインターネットで申し込みをしたりATMコーナーに備え付けてある申込書をFAXして申し込みしたり出来る金融機関も多いですので、ホームページなどで調べてみてください。ここで注意ですが、インターネットやFAXで手続きは完結できません。この方法では仮の審査をしてもらうことしかできません。あくまで仮の審査ですから実際に借入する際には本申し込みをする必要があります。
よほど年収や借入額の変更がない限り、仮の審査が通ったのに本審査で通らなかったということはありません。

どのみち必ず一度は窓口へ行く必要がありますから、インターネットやFAXよりも店頭で申し込みした方が借入までの時間もかかりません。ローン商品も多くの種類を取り扱っていますから、店頭で相談しながら決められるという点を考えても直接申し込みに行ったほうがいいでしょう。
どうしても行けない、という時には金融機関によってですが窓口の空いている時間外でも対応してくれることもありますから相談してみてください。

必要な書類は主に本人確認書類と印鑑です。既に取引のある銀行であれば通帳と届出印も持っていきましょう。
その他商品によって様々ですが、金額によって所得証明書が必要になったり資金使途の確認が出来る資料を求められる場合もあります。前もって必要な確認しておくのがいいでしょう。

書類の不備もなく無事に審査に通れば、これだけの手続きで簡単に銀行にお金を借りることができます。