in カードローン

借金がある人は総量規制を意識するべき?

借金がある人は借入できる上限を意識しておく必要があります。
ノンバンクの多目的ローンは総量規制の適用となり、具体的には消費者金融やサラ金のキャッシング・カードローンなどが対象となります。
他社借入も合わせて年収の3分の1以内に抑える必要があります。
新規でローン契約をするときも総量規制が関係してくるので、もし総量規制の範囲を超えているなら申し込むのは避けるべきです。

総量規制が誕生したきっかけは、借金のしすぎによって返済不能になる方が増えたからです。
当時は取立ても今よりずっと厳しく、債務整理も一般的ではありませんでした。
今でこそ様々な借金解決法がありますが、当時は債務整理と言えば自己破産だったのです。

現在のキャッシングは年収の3分の1を超えて借りることはできません。
嘘をついて借りようとしても、個人信用情報によりバレてしまいます。
借金をするには信用力が必須であり、嘘がバレると一気に信用力を落としてしまいます。

借入額の安全ラインは人によって変わってきますが、小遣い満額を返済に充てるのは無理があるでしょう。
自由に使えるお金がまったくなく、すべて借金返済に回してしまう状況は健全な生活とは言えません。
小遣いの半分を返済の上限と考えておくと、自分なりの返済プランも見えてくるものです。
たくさん借りることはそれ以上に返していく必要があるため、借入は最小限に抑えておきましょう。
お金がないとき一時的に借りて、すぐに返すような使い方が好ましいです。